i-resucue

i-ResCueプレミアムサービス規約

第1章 総則

第1条(目的)

本規約は、ミク・スタイル株式会社(以下当社といいます)が提供する「i-ResCue」サービス(以下基本サービスといいます)の会員を対象とした有料オプションサービス「i-ResCueプレミアムサービス」(以下プレミアムサービスといいます)に関し、当社及び会員双方が遵守すべきものとして定めるものです。

第2条(会員制)

プレミアムサービスは基本サービス会員を対象としたサービスであり、基本サービス会員が本規約を承認のうえ、所定の手続きに従ってプレミアムサービスの利用を申し込むことによりご利用いただけます。

第3条(修理サービス) 

     
「修理サービス」とは、プレミアムサービスとして提供される会員が機種情報等を登録したiPhone端末の無償修理サービスや有償修理の特別割引サービスをいいます。なお、修理サービスの対象となる機種については第16条に記載のとおりです。

第4条(サービスの実施等)

     

1. 修理サービスは、当社が修理業務を委託する事業者(当該事業者の再委託先及びその提携事業者を含み、以下サービス実施者といいます)が実施するものとします。

2. 修理サービスの提供は、日本国内に限るものとします。

第5条(規約の変更)

当社は、本規約その他プレミアムサービスの内容の一部又は全部を、会員の事前の承認なしに変更、追加、改訂又は廃止することができるものとします。当該変更等は、当社がプレミアムサービスのサイト(http://iphone-rescue.club)に当該変更等の内容を2週間の予告期間を設けたうえで掲載し、当該予告期間が経過した時点をもって、全ての会員に適用されるものとします。

第2章 入会

第6条(会員)

1. プレミアムサービスへの入会を希望する者は、当社が別途定める方法にて入会を申込むものとします。

2. 当社は、申込者が申込時に当社に提供した事項に関し、入会審査に必要な範囲において調査・確認を行うことができるものとします。

3. 当社は、審査の結果、入会申込者が以下の各号のいずれかに該当することが判明した場合、その者の入会を承認しないことがあります。

① 入会申込者が法人であるとき。

② 申込フォーマットに虚偽の記載、誤記、若しくは記入漏れ、又は虚偽の個人情報やデータが提示されていたとき。

③ 修理サービスと同様又は類似のサービスを行っている、又はその準備をしている、その他営利を目的とした利用及びその準備を目的とした利用であると当社が判断したとき。

④ 入会申込の際に決済手段として当該入会申込者が届け出たクレジットカードがクレジットカード会社により無効扱いとされているとき。又は、当社が承認したクレジットカード会社の発行するものでないとき。

⑤ 入会申込者が届けたクレジットカードのカード名義人が入会申込者本人ではないとき。

⑥ 入会申込の際に決済手段として当該入会申込者が届け出た契約通信事業者の支払い方法が無効の場合。

⑦ 暴力団、暴力団関係団体の構成員若しくは関係者又はその他の反社会的組織に属している者であると当社が認めたとき。

⑧ 基本サービス規約に違反する事実が認められたとき。

⑨ 基本サービスを既に退会している事実が発覚したとき。

⑩ プレミアムサービスに機種情報登録をしようとする端末が業務用端末であるとき。

⑪ プレミアムサービスに機種情報登録をしようとする端末が既に故障又は破損している端末であるとき。

⑫ 過去に同一名義による同一端末で機種情報登録し、入会していた事実が認められたとき。

⑬ 第9条第1項各号の規定に基づき、過去に当社により会員資格の取消しがなされたことがあるとき。但し、第9条第1項第3号による会員資格の取消しの場合を除く。

⑭ 当社が会員として不適格と判断したとき。

第3章 プレミアム会員資格

第7条(プレミアム会員資格の取得)

1. 第6条の手続を経て当社が入会を承認した時点で、申込者はプレミアム会員資格を取得するものとします。

2. プレミアム会員は、プレミアム会員資格を第三者に譲渡、貸与、その他の処分をすることができないものとします。

第8条(退会)

会員がプレミアムサービスを退会する場合には、当社が別途定める方法により当社へ届け出るものとします。会員の当社に対する未履行債務が存在する場合、退会後も、当該未履行債務は存続するものとします。また、次条により会員資格が取消しとなった場合も同様とします。

第9条(会員資格の停止及び取消)

1. プレミアム会員が次のいずれかに該当するときには、当社は当該会員に事前に何らの通知又は催告することなく、プレミアム会員資格の停止又はプレミアム会員資格の取消しを行うことができるものとします。

① プレミアムサービス入会時の申請情報又は修理申請時の情報に虚偽の記載、誤記、若しくは記入漏れ、又は虚偽の個人情報やデータが提示されていたとき。

② 第6条3項の各号のいずれかに該当することが判明した場合。

③ 第10条に定めるプレミアムサービスの利用料その他の金銭債務の履行を遅滞し、又は支払を拒否したとき。

④ 利用料が、会員が当社に届け出たクレジットカードによって当社の指定する期間内に支払われないとき。

⑤ 当社やサービス実施者、もしくは他の会員の権利・利益を害し、又はそのおそれのある行為を行ったとき。

⑥ 修理サービスと同様又は類似のサービスを行っている、又はその準備をしている、その他営利を目的とした利用及びその準備を目的とした利用であると当社が判断したとき。

⑦ 短期間に同一又は類似内容のサービス依頼が複数回あり、当社が不適格と判断した場合。。

⑧ iPhone端末の売買、修理又は管理を業とする者が、業務として占有、使用又は管理中のiPhone端末に対してプレミアムサービスを利用したとき。

⑨ 会員IDの使用を停止されたとき、又はプレミアムサービスを退会したとき。

⑩ 会員が基本サービスを退会したとき。

⑪ 本規約その他当社所定の諸規定等に違反したとき。

⑫ 差押・仮差押・仮処分・強制執行又は競売の申立を受けたとき。

⑬ 破産、民事再生、会社更生若しくは特別清算を申立て、又はこれらの申立を受けたとき。

⑭ 解散を決議し、又は任意整理手続を開始する旨を対外的に公表したとき。

⑮ 自ら振出し、引受を為し、又は保証を行った手形又は小切手が不渡りとなったとき。

⑯ 暴力団、暴力団関係団体の構成員若しくは関係者又はその他の反社会的組織に属している者であると当社が認めたとき。

⑰ 以上の各号に準じ、当社がプレミアムサービスの提供を不相当と認める事由が生じたとき。

⑱ 関連書類等に記載の住所、連絡先に宛てた通知又は送付された書類やiPhone端末本体が延着し、若しくは到達しなかったとき。

⑲ 会員が死亡したとき。

⑳ その他、事由の如何を問わず当社が必要であると判断したとき。

2. プレミアム会員がプレミアム会員資格を取り消された場合、当該会員は、当該時点で発生している利用料その他の金銭債務等当社に対して負担する債務の一切について期限の利益を喪失するものとし、当該債務を一括して弁済するものとします。なお、前条によりプレミアム会員が退会した場合においても同様とします。

3. プレミアム会員がプレミアム会員資格を停止された場合、当社が指定する期間中、当該会員は、プレミアムサービスを利用することができないものとします。

第4章 利用料

第10条(決済)

1. プレミアム会員は、利用料を、当社の指定する方法(クレジットカード決済又は契約通信事業者決済)で支払うものとします。

2. プレミアム会員とクレジットカード会社や契約通信事業者の間において、プレミアムサービスの利用料の支払いを巡って紛争が発生した場合は、当事者間で解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

3. 利用料その他の金銭債務等について、支払期日を経過してもなお支払いがない場合には、支払期日の翌日から支払い日の前日までの日数について、当社はプレミアム会員に対し、年14.6%の割合で計算して得た額を延滞損害金として請求できるものとします。

第11条(利用料の返還と金額の変更)

1. プレミアム会員は、事由の如何を問わず(プレミアム会員資格の有効期間途中にプレミアム会員資格を喪失した場合も含まれます)、利用料の返還を求めることはできないものとします。また、月途中での入会・退会における月額利用料の日割り計算を行わないものとし、入会日・退会日が属する月の1ヵ月分の利用料を請求いたします。

2. 当社は、プレミアムサービスの利用料を改定する場合、改定日の2ヵ月前までに、第5条に定めるサイトに掲載する等により、プレミアム会員に告知するものとします。

3. 前項の規定にかかわらず、天災地変、法令の制定改廃、行政指導、社会情勢、経済状況の著しい変化があった場合、当社は、月額利用料の額を変更することができるものとします。

第5章 会員証明

第12条(会員の証明)

1. プレミアム会員は、プレミアムサービスの特典を利用する際には、有効な会員であることを証するために、プレミアムサービスのWEB会員証(以下プレミアム会員証といいます)の提示や会員本人の身分確認のできる運転免許証等を当社及びサービス実施者等に提示する義務を負うものとします。

2. 会員は、当社及びサービス実施者等に前項の会員証明ができないときは、プレミアムサービスの提供や特典を受けられないことがあり、この場合、当社及びサービス実施者等は会員に対し、入会金及び利用料の返金その他如何なる補償をも行わないことを、会員は予め了承するものとします。

第6章 修理サービス

第13条(修理サービスの提供)

1. 無償修理サービスに関しては、修理はサービス実施者が運営する店舗にプレミアムサービスに機種情報登録してあるiPhone実機をお持ちいただくか、当社が指定するサービス実施者宛て宅配便配送(プレミアム会員負担)することで受付けしています。この際に無償修理申請書を必ずご持参又は同封してください。修理完了後の実機の返却宅配配送料は無料です。

2. 修理サービスにおいて、対象iPhone端末に保存されている写真や音楽・アプリ等のデータにつきましてはデータ復元を保証できかねますので、会員ご自身が定期的なバックアップを行うこととして、データの復元が出来ない場合の損害を当社及びサービス実施者は一切その責を負わないものとします。

3. 修理サービスにおいて使用する修理部品は、交換箇所に使用されていた純正部品と同等の機能を有する新品部品を使用するものとします。

第14条(修理サービスを提供できない場合)

次の各号に該当する場合は、無償修理サービスの会員特典を提供することができず会員特別価格による有償修理となります。
また、台風・豪雪などの気象状態、又は地震・津波・噴火などの天災地変等によりサービス実施者の身体に危険を伴う場合は修理サービスを提供が遅延又は実施することができない場合があります。

① プレミアムサービスに情報登録されているiPhone端末のシリアルナンバー等の機種情報が異なる場合や未入力項目がある場合。また、入会中に機種変更を行った場合は、会員は速やかに機種情報の変更登録を行うものとします。

② iPhoneの模倣品

③ プレミアムサービスに登録のiPhone端末が購入後1年以内でAppleCare の無料修理や部品交換の対象となる場合

④ サービス実施者の判断により全損等などの理由で修理が不可能と判断した場合

⑤ 提携店舗にてプレミアムサービスへ入会後、会員情報の登録及びiPhone端末の機種情報の登録(機種変更後は変更後の機種情報の登録)が完了した日から180日経過していない場合

⑥ WEBサイト上にてプレミアムサービスへ入会後、会員情報の登録及びiPhone端末の機種情報の登録(機種変更後は変更後の機種情報の登録)が完了し、かつiPhone端末写真、シリアル番号を含んだiPhone情報及び身分証明書情報を登録し当社より当該会員に対し登録完了の旨を通知した日から180日経過していない場合

⑦ 修理したiPhone端末を国外への配送を希望する場合

⑧ バッテリーの性能低下による修理や部品交換(但し会員特別価格にてサービス実施者が有償修理致します)

⑨ 会員ご本人以外からの修理依頼があった場合や登録されている個人情報やデータと異なる場合

⑩ 当社の設置するコールセンターにお電話を頂かずに修理依頼した場合

⑪ iPhone端末の機能拡張などのJailbreak(脱獄)による故障・破損や自己修理失敗による故障・破損(但し会員特別にてサービス実施者が有償修理致します)

⑫ 戦争・動乱・暴動等によって生じた故障・破損や台風や豪雨、地震などの自然災害によって生じた故障・破損

⑬ 詐欺、横領、傷害等の犯罪や不法行為によって生じた故障・破損

⑭ 公共機関による差し押さえ、没収による故障・破損

⑮ その原因について虚偽の報告がなされた場合の故障・破損

⑯ 会員が入会金や利用料の債務支払いを現に怠っている場合

⑰ 前回の修理受付日より10ヵ月が経過していない場合

⑱ 自己でカスタマイズや装飾等を行った部分の故障・破損

⑲ 修理対象のiPhone実機と当社指定の無料修理申請書を添えないでサービス実施者に修理依頼した場合

⑳ サービス実施者が修理必要なしと判断する小さい傷や破損の場合

㉑ 伝染病等により当社及びサービス実施者が通常の業務遂行に支障が出た時

第15条(修理サービスの注意)

修理サービスについては、次の各号の条件を満たしていることが条件となります。

① 修理を依頼する前に必ず当社の設置するコールセンターに電話をして、氏名・生年月日等により会員である旨を明示して故障・破損の状況を説明してあること。

② サービス実施者に対象実機と伴に当社所定の無償修理申請書を添えて提出すること

③ 当社所定の無償修理申請書に連絡が可能な電話番号やメールアドレスの記載があること

④ 配送にて修理依頼する場合は対象iPhoneを緩衝材(エアキャップ)や新聞紙で包んで段ボール等で梱包するかiPhone購入時に入っていたBOXに入れ、無償修理申請書を同梱して「精密機械」扱いの宅配便(元支払い)で発送すること。(輸送時のトラブルに備えてデータのバックアックを行ってから発送すること)

⑤ 提携店舗にてプレミアムサービスへ入会後、会員情報の登録及びiPhone端末の機種情報の登録(機種変更後は変更後の機種情報の登録)が完了した日から180日経過していること

⑥ WEBサイト上にてプレミアムサービスへ入会後、会員情報の登録及びiPhone端末の機種情報の登録(機種変更後は変更後の機種情報の登録)が完了し、かつiPhone端末写真、シリアル番号を含んだiPhone情報及び身分証明書情報を登録し当社より当該会員に対し登録完了の旨を通知した日から180日経過していること

第16条(対象実機)

修理サービスを受けることのできるiPhone端末は、iPhone4以降の日本国内発売機種とします。

最新発売機種のiPhone端末は修理部品の調達上の理由で発売後の一定期間、対象機種としない場合があります。

当社は一切その責を負わないものとします。修理した部品の不具合につきましてはサービス実施者の6ヵ月間の無料再修理保証がありますので詳細はサービス実施者にお尋ね下さい。

第17条(プレミアムサービスの内容)

プレミアムサービスの提供は、会員がプレミアムサービスに機種情報登録したiPhone端末を対象としています。

第18条(免責)

当社又はサービス実施者は次の記載する事由についてよって会員に発生した損害について損害賠償の責任を負いません。

① ご依頼時の端末の状況により、何らかの原因により修理完了後に、データ損失・データ消失・起動不能などに至った場合

② iPhone端末の個体差により近接センサー・カメラ・電波障害・剥げ・変色・データ損失等の不具合が発生した場合

③ 交換パーツの相性等で修理作業後に不具合が発生した場合

④ 当社サービスを利用する事によってメーカーのサポート対象外となった場合

⑤ 修理サービスを利用期間中、iPhone端末を利用できないことにより会員に損害が発生した場合

⑥ 運送会社等によるiPhone端末送付時の紛失・破損が発生した場合

⑦ 法令又は公権力の発動によるiPhone端末の没収、差し押さえ又は第三者への引き渡し

⑧ その他当社又はサービス実施者の責めに帰さない事由による場合

第19条(有料修理サービス)

1. プレミアム会員が有償修理サービスを希望した場合は、サービス実施者が対応可能な範囲内で、会員特別価格にて修理対応致します。なお、会員特別価格で修理を希望する場合は原則、「プレミアム会員証」の提示が必要です。

2. 有償修理サービスは、プレミアム会員とサービス実施者との間で別途修理契約を締結するものとし、プレミアム会員とサービス実施者の間において、有償修理サービスを巡って紛争が発生した場合は、当事者間で解決するものとし、当社は一切の責任を負わないものとします。

第7章 個人情報

第20条(個人情報の取扱い)

1. 当社は、プレミアム会員から取得した個人情報を、以下の目的で利用します。個人情報保護法その他の法令により認められる事由がある場合を除き、この範囲を超えて個人情報を利用することはありません。

I. 入会資格等の確認、本人認証、各種申込画面における会員情報の自動表示、プレミアムサービスの提供、利用料等の決済、顧客管理、特典の付与その他修理業務等の取引遂行のため。

II. サービス実施者との業務連絡や修理依頼

2. 当社は、ご提供いただいた個人情報やiPhone登録情報を、修理業務遂行のためサービス実施者と共同利用する場合があります。

3. 当社は、本条に定める利用目的の実施に必要な範囲で、適切な保護措置を講じた上で、個人情報やiPhone登録情報の取り扱いをサービス実施者その他の第三者に委託することができるものとします。

4. 本条に定める他、当社の情報保護に対する取り組みについては、当社のホームページ(http://iphone-rescue.club)上に記載した「個人情報保護方針」及び「個人情報の取扱いについて」に従うものとします。

第8章 その他

第21条(規約等の遵守)

1. プレミアム会員は、本規約その他当社所定の諸規定等に従うものとします。

2. 本規約は、その一部が消費者保護法令の強行規定部分又は他の強行規定により効力を有さないとされる場合でも、これに反しない最大限の範囲で効力を有するものとします。

第22条(損害賠償)

1. プレミアム会員が本規約その他当社所定の諸規定等に違反し、又はプレミアム会員の責に帰すべき事由により当社に損害が発生した場合、当該会員は当社が被った損害について責任を負うものとします。

2. プレミアムサービスの提供に際して当社の責に帰すべき事由によりプレミアム会員に損害が生じた場合には、当社に故意又は重大な過失がある場合を除いて、当社は、通常生ずべき現実の損害についてのみ債務不履行又は不法行為による損害賠償責任を負うものとし、特別の事情によって生じた損害及び逸失利益については賠償責任を負わないものとします。但し、いかなる場合においても当社は1年分の利用料の合計額を超えて賠償する責任を負わないものとします。

第23条(届出等)

1. プレミアム会員は、入会申込に記載した事項及び第6条に基づき登録した事項に変更が生じた場合は、当社所定の手続により直ちに当社に変更の届け出なければならないものとします。

2. 当社は、前項の届出に基づき、当社所定の手続により変更登録を行うものとします。

3. 当社は、前項の変更登録が完了するまでの間は、当該変更がないものとみなすことができ、プレミアム会員が第1項の届出を怠ったときは、プレミアムサービスの提供が受けられません。

4. プレミアム会員が第項の届出を怠ったことにより会員に生ずる損害について、当社は責任を負わないものとします。

第24条(準拠法及び合意管轄裁判所)

本規約は、日本法を準拠法とするものとし、本規約に関する全ての紛争については、東京地方裁判所を第一審の専属管轄裁判所とします。

以上

平成26年8月1日制定、同日施行

平成27年10月1日改定